モンゴル8000

青年海外協力隊 PCインストラクター アラサー人妻のモンゴルライフ

日本語の授業 2回目以降


そういえば...




日本語の授業はどうなったか
前回の記事:ココ





散々アナウンスをしたおかげか、


2回目は
17人の生徒がきました。
(以降の授業も同数程度)




教員経験がないもので、
こんなにたくさんの生徒がいらっしゃって
ドキドキしちゃう。





さてさて、


モンゴルの学校は
6月から3か月間、
夏休みに入ってしまうんです。
(長い)



そのため、6月までは
「ひらがなをとことん教える期間」
としました。




あっ、
文字だけだとつまらないので
挨拶もね。
「こんにちは、私の名前は~etc」



(↑ 授業風景)
  


声を出して何度も練習したり



真剣に書く練習をしたり

(↑ ひらがなの練習&確認)




たまにはゲームも

(↑ ひらがなカルタの風景)




たまには緊張感を持たせて
(1人1人前に出て、
 挨拶&自分の名前を日本語で)




楽しくをモットーに

(↑ 休み時間でも文字の練習)





3回目を終えた本日、
「は行」まで終了。




(↑ 虫食い文字ゲーム)





今学期残り2回だけど、
来週数学の補修があるとか言ってたな~
…生徒来るかな。



--------------------------------------------------


■今日のモンゴル語:
 ウセグ  (үсэг) → 意味:文字


--------------------------------------------------