モンゴル8000

青年海外協力隊 PCインストラクター アラサー人妻のモンゴルライフ

モンゴルで引越した話


はい、
引越しをしました。


(↑ 新居からの景色)





ただ、この引越し
一筋縄ではいかなかったんです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



8月頭に引越し先が見つかり
JICAの審査*1を待っていました。
(*1 安全管理の面で問題ないかをJICA側がチェックします)


約1週間後、JICAの審査が通り
大家さんとの契約の日。



会う時間を確認するためメールをしました。


自分:「今日何時に会う?」
大家:「ごめんね、家他の人に売ることになったの




はい、終了。
次に住む家がなくなりました。


ものすごく途方にくれたんだけど
ここからが早かった。




今住んでいる家は1週間後には出なきゃいけない
  ↓
でも次に住む家がない
  ↓
私とても困惑
  ↓
速攻学校の先生達に相談
  ↓
1時間後 住む家決まる






あまりにも早く家が見つかったことにびっくり。



なぜこんなに早く見つかったのか
答えは


facebook




任地セレンゲ県のグループがfacebook上にあって、
そこに先生たちが
「部屋ある?」
って書き込んでくれていました。


さらに、
「この家貸します!」
という書き込みもあり、候補がわんさか出てきたのです。



家を貸してくれる人に連絡を取り
その日のうちに内見、入居決定。



JICAの審査を巻きでお願いし、
無事に引っ越すことができました。



(↑ 念願のキッチン付の家)




※モンゴルあるある
 先輩隊員の方々も、決まったはずの引越し先が

 急になくなるっていう事態に遭遇していたそうです。





--------------------------------------------------


■今日のモンゴル語:
 ヌーフ(нүүх) → 意味:引っ越す


--------------------------------------------------